バウルを探して〈完全版〉
new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/8

バウルを探して〈完全版〉

残り1点

¥2,530 税込

送料についてはこちら

川内 有緒(文), 中川 彰(写真) ISBN 978-4-9908116-6-2 A5変型判 384頁 発行 三輪舎 2020年6月 「あなたの中にすでにバウルがいるのだよ。こうして私を探しに来たのだから」 ベンガル地方で歌い継がれ、今日も誰かが口すざむバウルの歌。ベンガルの行者バウルは「魂の歌い手」と呼ばれ、その歌と哲学はタゴールやボブ・ディランにも大きな影響を与えた。本作は、何百年もの間、師弟相伝のみで伝統が受け継がれてきた、バウルの謎と本質に迫ったノンフィクションである。 「本書はバウルという歌う叡知の人たちの生ける伝統をバングラデシュに追い求めた記録であるだけではない。作者が、いかに言葉と決定的に結ばれていくのかの道程を記録した稀なる魂の記録だといってよい。この本を書くことによって作者は、言葉を用いる人ではなく、言葉に信頼され、言葉に用いられる人へと変貌した」(若松英輔) 第33回新田次郎文学賞受賞作に、旅に同行した写真家、故・中川彰によるベンガルの写真をおよそ100ページにわたって収録。また、本書のために書き下ろした小編「中川さんへの手紙」、若松英輔による解説「コトバに用いられる者たちの群像」に加え再構成した〈完全版〉。 第33回新田次郎文学賞受賞作。 目次 ○写真編/中川彰 ○文章編  プロローグ  第1章 はじまりの糸  第2章 バラバラの船と映画監督  第3章 聖地行きの列車  第4章 二人のグル  第5章 タゴールとラロン、自由への闘争  第6章 メラという静かな狂乱  第7章 「知らない鳥」の秘密  最終章 ガンジスの祭宴  エピローグ ○中川さんへの手紙 ○解説・コトバに用いられる者たちの群像(若松英輔) 版元から一言 幻冬舎より7年前に刊行された『バウルを探して―地球の片隅に伝わる秘密の歌』、および文庫版『バウルの歌を探しに―バングラデシュの喧噪に紛れ込んだ彷徨の記録』では実現できなかった、川内有緒と旅をともにした写真家・中川彰(故人)による写真を〈バウルを探して 写真編〉として収録。サイズは写真集としてはやや小さめのA5判ながらノド元までしっかり開くコデックス装を採用し、ベンガルの喧騒と大地を美しく違和感なく表現し、読み物としても写真集としても楽しめる。また完全版のための著者が新たに書き下ろした「中川さんへの手紙」と、詩人・批評家の若松英輔による解説「コトバに用いられる者たちの群像」を収録。 著者プロフィール 川内 有緒 (カワウチ・アリオ) (文) ノンフィクション作家。1972年、東京都生まれ。日本大学藝術学部卒業後、米国ジョージタウン大学で修士号を取得。米国企業、日本のシンクタンク、仏の国連機関などに勤務後、ライターに転身。『空をゆく巨人』(集英社)で第16回開高健ノンフィクション賞を受賞。著書に『パリでメシを食う。』(幻冬舎)、『パリの国連で夢を食う。』(同)、『晴れたら空に骨まいて』(ポプラ社/講談社文庫)など。 https://www.ariokawauchi.com 中川 彰 (ナカガワ アキラ) (写真) 写真家。1963年、京都生まれ。1990年ニューヨークからプエルトリコを旅したのをきっかけに写真を撮りはじめる。ANA機内誌『翼の王国』や『暮しの手帖』などの雑誌媒体で活躍。「旅」というテーマに惹かれ続けた。2012年11月、急性心筋梗塞で急逝。