{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/4

ラダックの風息 空の果てで暮らした日々(新装版)

残り1点

¥1,980 税込

送料についてはこちら

山本 高樹(文・写真) ISBN 978-4-8441-3695-8 A5変型判 287頁 発行 雷鳥社 2016年3月 インド北部、標高3500メートルの世界に残されたチベット文化圏の秘境、ラダック。この地に魅せられた一人の人間の「人生の冒険」の記録が、今、鮮烈な形で甦る。カラー写真ページを倍増させて再構成し、その後の歳月をふりかえるエピローグを加筆。ラダックについて書かれた本として、写真集として、決定版となる一冊。 目次 種を蒔く ノルブリンカ・ゲストハウス 祈りの場所 仮面の舞 自分の居場所 チベットの心 収穫の時 ザンスカールへ 最果ての寺 花の民 冬の灯火 新しい年 異郷の修行者 チャダル キャンの尻尾 春を待ちわびて 二度目の夏 天空の湖 また、この空に 変わるもの、変わらないもの 著者プロフィール 山本高樹 (ヤマモトタカキ) (著/文 | 写真) 著述家・編集者・写真家。1969年岡山県生まれ。出版社での勤務を経て、フリーランスに転身。2007年から約1年半の間、インド北部の山岳地帯、ラダック地方に長期滞在して取材を敢行。以来、ラダックでの取材をライフワークとしながら、『地球の歩き方インド』『地球の歩き方タイ』をはじめとする取材・撮影・執筆などで、世界各地を巡る日々を送っている。2015年からはラダックを中心とした地域で現地発着ツアーのガイドも務めている。主な著書に『ラダック ザンスカール スピティ 北インドのリトル・チベット[増補改訂版]』(ダイヤモンド社)など。